教育目標

 かしこく やさしく たくましく
 
 

学校の教育理念

○学校経営方針
・子どもが主役の姿勢を全ての根本として子どもを育てていく
  ・学校、家庭、地域が共に連携を図り子どもを育てていく
  ・職員が自ら研修に努め「職員一丸」となって子どもを育てていく

 ○年度の重点目標
  (知) かかわりの中で自分の考えを伝え合う子ども
  (徳) 共に活動し互いに認め合う子ども
  (体) 自分の健康に関心をもち体をきたえる子ども

 ○教育課程編成の方針
  ・正しいと思ったことを行動に移す子どもの育成
  ・かかわりを核にした明るく楽しい学校づくりの推進
  ・教育活動全体を通した「言葉と体験」の充実

 

努力事項

知育
【各教科】
 ☆思考力・判断力・表現力を育成するための授業改善
   ◆算数を中心とした教科の特性を生かしたかかわり合いや、学び合いの場の設 定を意図した授業展開
   ◆学びの自覚を促すための振り返りの場の設定(まとめの段階で書く活動を重視)
   ◆国語科を中核にし、各教科等で言語活動を充実
 ☆基礎的な知識・技能の確実な習得
  ◆スキルタイム等を活用した「読み、書き、計算」の徹底
  ◆個に応じた指導の充実【少人数指導,T・T等】
  ◆学力実態の分析(NRT・全国学力調査等)
  ◆家庭学習の奨励、習慣化の定着
   ◆「朝読書」の継続による読書習慣の形成

 ☆学びの連続性を指向した総合的な学習の時間
   ◆次の課題へつなげるための学びを振り返る活動の設定
   ◆「もの・こと・人」とのかかわりを重視した単元構成の工夫
   ◆1つのテーマにじっくり取り組ませることによる学習意欲の継続


徳育
【道徳教育】
  ◆「正しいと思ったことを行動に移す子どもの育成」
    人権教育、同和教育の視点に立った道徳授業の推進
 ◆「倫理観」「規範意識」「命を大切にする心」を育てる道徳教育
  ◆子ども一人一人が価値の内面的自覚が深められるように、体験的活動と道徳の時間とを関連づけた指導の充実
  ◆「生きるⅠ~Ⅲ」や「心のノート」の積極的活用

 【特別活動】
   ◆学級づくりや異年齢集団活動を通した互いに尊重し合う人間関係づくり
  ◆保護者・地域を巻き込んだ多様な「あいさつ運動」の展開
  ◆よりよい人間関係づくりを目指した多様な異年齢集団活動
  ◆遠足・集団宿泊的行事の充実(修学旅行・ふるさと体験学習等)

 【生活指導】
◆「いじめは人間として絶対に許されない行為である」ことを繰り返し働きかけ、子どもたちの意識を醸成する
◆児童理解に基づいた教育相談的な立場で共感的・受容的な支援に努めるとともに、職員間で情報を共有し、学校教育活動全体を通して指導にあたる。
◆集団の中で、児童の自己抑制力を育成し、他人の心身を傷つけるような言動に対しては毅然たる態度で指導にあたる

体育
○体力向上と健康推進
◆めあてをもち,意欲的に運動に取り組ませる指導の工夫
◆新体力テストの実施と分析結果をもとにした指導の改善
◆食に関する指導の充実
 ・栄養職員との連携を図った食の授業






 

沿革

・平成6年3月26日  中条町立大出小学校閉校 
            中条町立乙小学校閉校
            中条町立十二天小学校閉校
・平成6年4月1日  中条町立きのと小学校開校
            (大出小学校,乙小学校,十二天小学校を統合)
 ・平成6年4月7日  中条町立きのと小学校第1回入学式
 ・平成6年4月10日  中条町立きのと小学校竣工式
 ・平成6年8月1日  プール竣工式
 ・平成7年9月28日  スクールバス車庫竣工式
 ・平成7年12月15日  校歌制定記念式典
 ・平成8年6月3日  全校ボランティア活動開始(アルミ缶集め)
 ・平成8年9月10日  あおぞら児童会の歌決定
 ・平成10年度      創立5周年記念冊子「かがやけ!きのと小学校」発行
 ・平成12年度     いきいきスクール・ステップアップ運動
 ・平成13年度     チャレンジ21
 ・平成14年度     やる気!元気!総合的学習支援事業
 ・平成14年9月25日  きのと塾開講
 ・平成15年5月13日   交通安全ヘリコプター学校訪問
 ・平成15年11月16日   創立10周年記念式典
 ・平成17年3月31日   町で行っていたスクールバスの運行が、民間委託となる。
 ・平成17年9月1日  町村合併により、胎内市立きのと小学校に名称変更
  ・平成19年度      胎内市指定人権教育、同和教育研究指定校1年次
  ・平成20年度      胎内市指定人権教育、同和教育研究指定校2年次
  ・平成21年度      胎内市指定人権教育、同和教育研究指定校3年次